bunbunの記 ① ほとんど木曜のクラブのこと

毎週木曜の夕方から自由参加のクラブをやっています。(「bunbunの日記」は毎日書いています。右欄の「リンク」からどうぞ)

14年目の始まり(かもしれない)

 

4月1日(木)

 

クラブB&J。

 

これで3ヶ月、先月の1回を除いて誰も来ない。

 

それでも、今日は誰も来なくてよかった。

 

自分自身として、越えておくことがあるから。 

 

それを越えた後に、これからのことを考えようと思っているから。

 

 

4月3日(土)

 

50代最後の週末のバスケ。 

 

土曜のミニバス教室に息子と通い始めたとき、息子は小5で自分は43歳だった。

 

あれから17年。

 

小学生がバスケの基礎練習をするそのミニバス教室は、次第に変化して今では土曜や日曜に小学生から大人までの世代が自由に集まってバスケをする場になっている。

 

この日だったか、その1週間前の日だったか記憶は定かでないのだけど、週末のバスケで数年来の付き合いとなる中3の男の子と話をした。

 

「総体って何月だったけ?」

 

「6月です」

 

「部活、引退したら木曜のクラブ(B&J)に来る?」

 

「そうですね。行くかもしれません」

 

 

4月4日(日)

 

60代最初の週末のバスケ。

 

当時、息子が所属していたミニバスのスポーツクラブに通い始めたのも、ミニバス教室と同じ17年前のことだった。

 

保護者にも指導のお手伝いをお願いしたいということで誘われたのだけど、中学生のときに多少の経験があるだけで、バスケの指導なんてとてもできないと思いながら体育館へ行った。

 

体育館には、入部したばかりの小2と小3の子供たちが片隅に集まっていた。

 

それを見て、自分の行くところはあの場所だと思った。

 

それから小2と小3の指導を担当する4年間を経て、スポーツクラブを辞め、クラブB&Jを始めた。誰もが安心して行動できる場所をつくりたかった。

 

週末のバスケでは、新顔の中学生の息子と一緒に来ていたある父親と話しをする。

 

バスケの試合に加わらず、親子2人でいたので声をかけてみた。

 

クラブB&Jのことを話したら、そのような場所を必要としているようであった。

 

 

4月8日(木)

 

クラブB&J。

 

体育館が使えないのでクラブは休み。

 

朝の犬の散歩でのこと。

 

散歩のコースはいくつかあって、その一つを歩いていたら、ある家から学生服姿の男の子が出てきて、自分たち(人と犬)の前を歩き始めた。

 

「おはよう」

 

見向きもしないので急ぎ足で近づいてみる。

 

「○○くん」

 

こちらに気がついてイヤホンをとる。

 

「あ、おはようございます」

 

「また来ない?って電話しようと思ってたんだけどね。年が変わってから誰も来なくてね。まだクラブやってるけど、来る?」

 

「行けるときには行きます」

 

「○○くん、部活やってるんだっけ?」

 

「いえ、やってません」

 

「もうじき3年生も部活引退するしね。よかったら、誘い合って来んさい」

 

「はい、ありがとうございます」

 

・・・

 

誕生日を迎えてからクラブの今後のことを考えようと思っていた。

 

節目なので終わりもありかとも思っていた。

 

今は、需要があれば続けようと思っている。

 

需要をつくることもして行こうとも思っている。

 

14年目のクラブが始まるのかもしれない。 

 

 

 

クラブ

 

2週間ほど前にMくんから電話があった。

 

「3月4日ってクラブやってますか? 仕事、休みとって早く行けるけど5時半からじゃだめですか?」

 

「いいよ。行けるのは5時半ちょうどになるかもしれないけど・・・」

 

 

今から5年前、クラブを始めて9年目のときに、高校1年のMくんたちがクラブに来るようになった。高校生の複数人での参加はこの学年が初めてで、Mくんたちの1級下の学年も上級生に誘われるようにして何人も来るようになって、その反面、小中学生の参加はなくなってやがては高校生だけのクラブになったのだけど、その高校生の参加もMくんたちの1級下の学年を最後にぐんと減っている。

 

【1回あたりの平均参加者数】

 

2014(07年目):小11 中2.0 高1.0

2015(08年目):小4.0 中5.0 高1.0

2016(09年目):小3.0 中6.0 高4.0 (高1:4.0 高2:0.0 高3:0.1)

2017(10年目):小1.0 中3.0 高4.0 (高1:1.0 高2:4.0 高3:0.1)

2018(11年目):小0.1 中0.1 高8.0 (高1:0.5 高2:3.0 高3:4.0

2019(12年目):小0.1 中0.1 高7.0 (高1:0.5 高2:1.5 高3:5.0 

2020(13年目):小0.1 中0.1 高5.0 (高1:0.2 高2:2.0 高3:3.0 大人:1.5

 

そのような状況で迎えたクラブ13年目のこの1年について振り返ってみる。

 

(参加者については、この2年間に高校を卒業した者のみ記載)

 

4月2日  7人(地元5人、元寮生2人)

 

・・・1年前に卒業したMくんたちが1年ぶりに突然やって来た。

 

4月16日~5月21日(木曜6回) 非常事態宣言下にて体育館使えず

 

6月11日 6人(地元)

6月18日 6人(地元)

 

・・・地元で就職した者たちと、コロナ渦におけるリモート授業で実家にいる者たち

 

6月25日 2人(地元)

7月2日  2人(地元)

 

・・・地元就職者と帰省中の学生

 

7月30日 4人(地元)

 

・・・地元就職者と帰省中の学生

 

8月6日~9月10日(木曜6回) 体育館の改修工事にて体育館使えず

 

・・・予定の工事だけど、よりによってこんな年に行うことにならなくてもよいのに。

 

9月24日 8人(地元6人、元寮生2人)

 

・・・1年前に卒業したMくんたち。今回は突然ではなく事前に打診あり。

 

1月7日~2月25日(木曜8回) 誰も来ない

 

・・・

 

3月4日 11人(地元7人、元寮生4人)

 

・・・

 

13年目にして、いろいろな面でかってないクラブの1年ではあった。

 

コロナ渦、工事、誰も来ない日々、と、こんなことが続いたこともなかったのだけど、高校を卒業した者たちがこんなにクラブにやって来るということもなかった。

 

小学校低学年のころから小学校を卒業するまで、同級生たち10数人でクラブに来ていた子供たち(【1回あたりの平均参加者数】2014)が、この春、高校を卒業するとうことも、自分にとってはある節目を思う。

 

そして、私は来月には還暦を迎える。

 

文章がまとまらない。いや、もうまとめない。

 

3月4日、当日にやって来たのは、元寮生4人と地元の7人。

 

(1級下のIくんは、1年生のときからいつも上級生のなかで1人混じってバレーボールをしていた)

 

彼らは5時半から8時半までの3時間、昔のようにバレーボールを続けたので、私もその間ずっと昔のように1人でバスケットボールの練習を続けた。

 

 

 

 

 

無題

 

2月18日(木)

 

外は20cmぐらいの積雪で、体育館の中もとても寒い

 

(高校は今日からテスト期間)

 

30分ほど1人で練習する

 

練習に熱が入ってくると、情けないようだった気分も消えた

 

 

2月25日(木)

 

(高校はテストの真っ最中)

 

30分ほど1人で練習する

 

これで、誰も来ないクラブが丸2ヶ月続いたことになる

 

来週は何人か来るらしい。

 

 

終わるとしても、ゆっくりと

 

2月4日(木) 

 

クラブ

 

30分ほど1人で練習して帰宅

 

 

2月10日(水)

 

2年前に高校を卒業したYくんからの電話

 

「来月の4日ってクラブやってますか? みんなで行こうと思って・・・」

 

 

2月11日(木)

 

クラブ

 

30分ほど1人で練習して帰宅

 

 

2月12日(金)

 

公民館で、主事(体育館の管理もしている)と話す

 

「今年に入ってからは誰も来なくて」「状況を伝えておこうと思って」「ほかに利用したい人があったら譲らないといけない状況だから」「13年もやったからもういいかなとも思うのだけど」「自分が続けたというよりも、子供たちが来続けたからここまでやることができたクラブだから」「自分だけで決めることではないと思っているし」「春になれば状況も変わるかもしれないし」「終わるとしても、様子を見ながらゆっくりと終わりたいと思っているから」

 

 

 

クラブ日記

 

1月28日(木)

 

午後6時、それまでは穏やかな天気だったのに、体育館に入った直後から強い風が吹き始めた。

 

ひとつだけ解錠している入り口のガラスの扉が、何度も内側に開いては元に戻る。

 

その度に夕闇の向こう側から現れる姿を想像するのだけど、それはない。

 

30分ほど一人で練習して帰宅する。  

 

 

1月29日(金)

 

うっすらと降り積もったばかりの雪の中を犬と歩いていたら、道沿いの家の玄関から学生服を着たFくんが出てきた。

 

「やあ、ひさしぶり。進路決まったの?」

 

「今度○○大学を受けます」

 

6年ぶりに見たFくんは身長も伸びて、あの頃の面影もすぐには見つけられない。

 

「学校決まって余裕があったら、誘い合って木曜のクラブに来たらいいよ。まだやってるんだよ」

 

「そうなんですか」

 

Fくんは小学校を卒業するまで、たくさんの同級生たちとクラブに来ていた。

 

「最近は高校生ばっかりでね。WくんやTくんなんかも来てるよ」

 

「そうですか。みんなに話してみます」

 

会話を終えて犬の散歩を再開すると、補習授業になって通常より遅い登校になっているのではないかと思うのだけど、学校の方向に走っているFくんの姿が遠くに見えた。

 

 

1月31日(日)

 

夕方、体育館へ行く。

 

高校3年のHさんが来ていたので、話しかける。

 

「進路決まった?」

 

「決まりましたよ。○○の○○学校です」

 

「そうか、○○○になるんか」

 

Hさんは体育館と家とが近いこともあって、小学校を卒業してからも時々思い出したように木曜日のクラブやこの週末のバスケに来ている。

 

バスケットボールのゲームの合間に、Hさんに話す。

 

「こないだ(この間)Fくんを見たから、木曜のクラブに誘い合って来んさい(来てね、ぐらいの意) って話したよ」

 

・・・Fくんも、Hさんも、そしてほかのみんなも、来られなくてもそれはそれでよい。

 

ただ、年月を経て、そんな話ができることがうれしかった。

 

 (来るかなあ)

 

 

 

いつものクラブといつもと違うクラブ

1月21日(木) 

 

今回もまた、バスケットボールのリングの上の1ヶ所だけ照明をつけて、30分ほど一人でドリブルやシュートの練習をする。

 

年が明けてこれで3回続いての参加者なし。

 

(ちなみに、来る予定だった高3の某君から、用事ができて行けなくなったと直前に連絡があった)

 

まあ、参加者が高校生だけになってからのこのクラブは、自分自身の練習の場にもなっているわけで、誰も来なくても無駄足にはならない。

 

30分が過ぎたら体育館を閉めることにしているのだけど、一人っきりだとその時間が来るまでに飽きてしまう。

 

それなのに、別のことをしている人たちが同じ空間にいるだけで、同じ練習が2時間でも飽きずに続けられる。

 

いつものクラブと、いつもと違う一人っきりと、両方を体験してみるとその違いが実感できて興味深いのではあるが、そろそろいつもに戻ってもらいたいものではある。

 

(世界的な別の事柄も同じく)